愛知県お城巡り【岡崎城】紅葉の時期の見どころと絶景&おすすめ撮影スポットご紹介【画像付きレポ】

岡崎城、その名を聞いて何を思い浮かべますか?豊臣秀吉や徳川家康といった歴史上の英雄たちが歩んだ道、戦国時代の風情を色濃く残す城郭、そして四季折々の美しい風景…。そう、岡崎城はただの観光地ではありません。それは、日本の歴史と文化が息づく、武将好きの聖地と言っても過言ではない場所。

この記事では、お城巡りが大好き&武将が大好きな主婦が、岡崎城の魅力を余すことなくご紹介します。家康生誕の地として知られる岡崎城の紅葉の季節の見どころと絶景、そして、紅葉の季節のおすすめの撮影スポットをご紹介しています。

岡崎城の歴史を感じながら、家康の息吹を感じることができる場所で、お城巡りの魅力を再発見しましょう。この記事が、お城巡り&武将好きなあなたの岡崎城探訪の際のご参考になりますように!

愛知県お城巡り【岡崎城】紅葉の時期の見どころと絶景

武将好きならば絶対に行っておきたい家康生誕の地、岡崎城!日本の戦国時代から現代まで続いていて、その名は日本の歴史に深く刻まれていますよね。岡崎城を訪れると、その壮大さと美しさに圧倒され、なんと言っても家康を一番近く感じることができる場所なので武将好きの聖地ですよね。

その堂々とした天守閣を取り囲むように鮮やかな色を放っている紅葉の木の姿はまさに絵画のよう。

私が岡崎城を訪れたのは、2023年11月26日。日本の紅葉の見頃は、11月中旬から下旬。ちょうど良い時期に行く機会がありました。

紅葉の時期は、やはり天守閣と紅葉が見どころであり絶景で、そんな絶景な紅葉の風景をお届けしたいと思います。

ここ岡崎城では、季節の花々が咲き誇り、特に春の桜と秋の紅葉は見事!庭園には茶室もあるんですよ!

私は桜も大好きなのですが、紅葉の赤や黄色の葉を見るのがもっと好き。天守閣の上から見た赤や黄色の紅葉は見事でため息が漏れるほど。ちなみに、天守閣の上から北側を見ると、あの御嶽山や猿投山が一望出来ます。

岡崎城は、夜ライトアップされた姿も幻想的で、まるで別世界に迷い込んだかのような感覚を覚えます。秋にはライトアップされた天守閣と紅葉、春には天守閣と桜!夜間、ドライブがてら、岡崎公園をお散歩がてら走ってみるのも良いですよ。

ライトアップ基本的には365日、夜間はライトアップされる
ライトアップ除外日節電の日、プロジェクションマッピングの日はライトアップ無し

お城めぐりが好き、武将が大好きという方は、すべての場所が撮影スポットにも感じてしまうほど興奮してしまいますが、その中でも特に外せない紅葉を綺麗に撮影できる写真撮影スポットをご紹介したいと思います。

岡崎城の紅葉の季節おすすめ撮影スポット

岡崎城は、見どころ満載でスポットとして絞るのは難しいのですが、あえて絞ってご紹介させていただきます。

一つ目は、天守閣の全体が見られる位置からの場所。この写真は、秋は紅葉、春は桜と共に撮影できる映える写真を撮るためのマストとも言える場所。どうしてお城と季節の風物詩というものは、人をこんなに癒してくれるのでしょう。

撮影スポットには、こういった携帯やカメラの置き台があるから、自動シャッターで撮影もできちゃう。一人で散策して、撮影しておられる方も結構いらっしゃいましたよ。

下から紅葉と天守閣を撮影したら、そのまま道なりに進み天守閣に登って上からの紅葉を眺めましょう。

この場所から道なりに進むと途中、家康が生まれた時代に岡崎城を築城した際、龍神が現れて井戸の水を噴出させたと言われ、また、家康が誕生した際にも、金色の龍が現れたという龍城神社があります。

人気大河ドラマ『どうする家康』の家康役で話題を呼んでいる松本潤さんもクランクインの際、実際にお参りしている神社なので是非、見ておきましょう。

ちょうどこの日、七五三のお参りで、着物を着た可愛い子供たちがたくさんいて可愛かったです。

二つ目の撮影スポット。紅葉を天守閣に登って上から眺めた紅葉。安全ネットでうまく撮影できていませんが、実物は圧巻ですよ!

家康の時代にも紅葉の木が植えられていたか定かではありませんが、テレビやネットが無い時代。もしかしたら、家康もこんな風に自然を感じ、同じ風景を見ていたかもしれないと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

【愛知県】岡崎城の駐車場無料情報と基本情報

岡崎城の基本情報
開館時間9:00から17:00まで(ただし、入館は16:30まで)
休館日年末(12月29日~12月31日)
岡崎城入館料大人(中学生以上):一般 300円、割引 250円、団体(20名以上) 240円、市民割(高校生以上) 150円
小人(5歳以上):一般 150円、割引 120円、団体(20名以上) 120円
駐車場案内乗用車:入庫時間/24時間利用可能乗用車:入庫時間/24時間利用可能、7:00~22:00…100円/30分、22:00-翌日7:00…50円/30分、上限1,500円で24時間ご利用いただけます
身体障害者手帳をお持ちの方は、岡崎城正面入り口前にある大型バスと共用部分に駐車が可能(料金は通常料金がかかります)
バス:入庫時間/9:00~17:00(予約のうえご利用ください)、7:00~22:00…2,000円/1台1回、22:00-翌日7:00…1,000円/1台1回
住所愛知県岡崎市康生町561-1
問い合わせ先0564-22-2122

まとめ

紅葉の時期の岡崎城、いかがでしたか?家康の生誕の地として知られ、その壮大な歴史と美しい風景が訪れる人々を魅了していて、お城巡り好きでなくても行ってみたくなりませんか?

家康がこの地で生まれ、青年時代を過ごし、戦国時代の荒波を乗り越えて徳川幕府を開くまでの彼の足跡を辿ることは、まさに感動的な体験なのです!岡崎城の見どころや撮影スポットは数多くありますが、季節ごとに楽しめる紅葉や桜なども楽しめる場所であり、また、自然に触れる折り家康に思いを馳せます。

私は、岡崎城を訪れるたびに新たな発見をしています。家康の人間性やリーダーシップについて学ぶたび、彼の偉大さを改めて感じるのです。

岡崎城は、お城巡り&武将好きにはたまらないスポットであり、家康の生涯を辿りながら、その歴史と風景に触れることで、訪れた人々に感動と発見の旅を提供していると思います。

皆様もお城巡りの際は是非、岡崎城へ行ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました